Indalo Decor (インダロ デコール)

インダロ デコール は自然をモットーにモノ作りをする工業デザイン及び製造会社です。当社の製品は、ファッション業界、幼児期の発達研究分野、ホスピタリティ業界など多岐にわたる分野で注目されています。
インダロ デコールは2012 年に南アフリカ共和国の都市ケープタウンでインガ グベカ(Inga Gubeka) により立ち上げられたブランドです。南アフリカ国内のタウンシップ経済の成長を受けて、2016 年に南アフリカ共和国で最も人口の多い州であるハウテン州のテンビサに拠点を移しました。
私たちのビジョンは木製バッグと工業デザイン製品分野において世界的リーダーになることであり、リーダーシップを発揮することだけでなく、産業と学校との間のギャップを埋める役割を担っていきたいと考えています。
インダロ デコールはマルシ(Malusi) とレタボ ラモシェラ(Lethabo Ramotshela) が夫婦で経営するブランドです。彼らは設立以来ずっとインダロ デコールに携わっており、化学工学や機械工学の知識を駆使して発展させた、「アップサイクル」というリサイクルの進化版ともいえるアイデアで、廃物材木や使わなくなった木材を新しい素材やより良い製品に変換させて、木製のバッグを世に生み出しています。